医薬分業・院外処方せんについて

医薬分業とは?

医師が患者さんを診察し、治療上お薬が必要と判断した場合、医師は患者さんに処方せん(院外処方せん)を交付し、その処方せんに基づき病院の外の調剤薬局の薬剤師が調剤、薬歴管理、服薬指導をおこなうことです。 つまり、医師と薬剤師がそれぞれの専門性を発揮し、国民の健康の質的向上を図るためのシステムです。

医薬分業のメリット・デメリット

医薬分業には次のようなメリット、デメリットがあります。

メリット

  1. お薬の適正な使用が可能になる
    高齢になればなるほど複数の病院を受診される患者さんが増えてきています。その際に重複投与(飲み合わせの悪いもの)などが問題となります。かかりつけ薬局では、処方せんの内容だけでなく患者さんの体質や副作用歴、アレルギー歴をチェックした上で調剤しますので、安心して服用(使用)していただけます。
  2. お薬についての十分な説明・指導が受けられる
    大きな病院の薬局でお薬をもらうと、時間的な制約もあり十分な説明は受けられませんが、かかりつけ薬局では、お薬について丁寧な説明や指導を受けることができ、納得し安心して正しく服用(使用)していただけます。

デメリット

  1. 二度手間になる
    院外処方せんで町の調剤薬局でお薬をもらうには、一度病院を出てお近くの調剤薬局に行く必要があり二度手間となります。
  2. 料金が高くなる場合がある
    調剤方法によっては、調剤技術料など別途料金が必要となる場合があり、結果として料金が高くなることもあります。

上記のように、院外処方せんにはメリット・デメリットがありますが、正しいお薬により治療を受けていただくことで患者さんの健康を守ることを第一の目的とした国全体の取り組みですので、皆様のご理解とご協力をお願いします。

安心してお薬をもらうためのポイント

「かかりつけ薬局」を決めましょう

院外処方せんがあれば、全国どこの薬局でもお薬をもらうことができます。しかし「かかりつけ医」と同じように、お近くの薬局を「かかりつけ薬局」として決めておきましょう。かかりつけ薬局では、あなたがこれまで服用(使用)されたお薬、体質や副作用歴、アレルギー歴などが記録してあります。このため複数の病院を受診していても、副作用などが出ないよう処方内容などをチェックをした上でお薬をもらう事ができ、安心して服用できます。

また、かかりつけ薬局を決めておくと、病院の薬だけではなく何でも相談しやすく安心です。かかりつけ薬局の薬剤師にも病院の医師と同様の守秘義務がありますので、プライバシーが侵害されることもありません。

かかりつけ薬局を決めて、お気軽にご利用するといいでしょう。

基準薬局について

院外処方せんを受け付けている薬局の中でも、特に薬歴管理や服薬指導などをもとに、適正な調剤を行っていること、FAX整備、待合室の設置、研修会の参加など39項目も基準を満たしている薬局を日本薬剤師会が「基準薬局」として認定しています。つまり「基準薬局」の看板がある薬局は薬剤師会が推薦する薬局で、安心して利用できるということです。かかりつけ薬局を選ぶ際の目安とされるとよいでしょう。

基準薬局には右の写真のような統一マークが掲げられています。

地域がん診療連携拠点病院病院機能評価認定病院マンモグラフィ検診施設画像認定病院リウマチに関する支援事業支援協力医療機関