後発医薬品(ジェネリック医薬品)について

Q:後発医薬品って何?

処方せんでもらうお薬には、先発医薬品と後発医薬品があります。先発医薬品は日本で最初に発売されたお薬で、新薬と呼ばれることもあります。

一方、後発医薬品はジェネリック医薬品とも呼ばれ、新薬の特許期間(20〜25年)が終了した後に厚生労働省の許可を得て、いろんな製薬会社が製造・販売しているお薬のことです。

Q:後発医薬品の特徴は何?

  • 先発医薬品より値段(薬価)が安く、患者さんの負担が少なくなります。
  • 成分、効き目は先発医薬品と同じです。
  • 患者さんがより飲みやすい(使用しやすい)ように、改良されています。

Q:なぜ安いの?

新薬の開発には、10〜15年の長い年月と数百億円の膨大な経費がかかります。しかし後発医薬品は、特許の切れた医薬品の製剤化、品質・生物学的同等性など厚生労働省の定めた基準に合格すればよく、3〜4年の期間と数千万円の開発経費で済みます。

つまり、開発費が少なくて済むので低価格で提供できるのです。従って患者さんの負担も少なくなります。

Q:短い期間の開発で効き目や安全性は大丈夫なの?

後発薬品の対象となるものは、新薬の特許期間が終了するまでに長期間経ており、その間に多くの使用実績や安全性の点検により、効き目や安全性が十分確認されたものといえます。

つまり、後発医薬品として出されるお薬は、既に有効性と安全性が確認されたものなのです。

Q:具体的にどのように改善されているものがあるのですか?

次のような先発医薬品の欠点を改良されているものがあります。

大きさの改善
錠剤が大きく飲みづらかったものが、有効成分を損なわずに小型化されています

苦みの改善
糖分やフィルムコーティングにより、苦みを抑える工夫がされています

識別性の向上
誤飲や医療現場でのミスを防ぐため、文字の印字・色の工夫などの配慮がされています

Q:外国でも使われているの?

日本での後発医薬品の使用率は10%余りとそれほど多くありませんが、アメリカやイギリスでは50%以上が後発医薬品で占められています。

我が国でも高騰する医療費の抑制、患者さんの負担軽減などを目的として、積極的に使用を促進しています。

(参考:ジェネリック医薬品ハンドブック)

地域がん診療連携拠点病院病院機能評価認定病院マンモグラフィ検診施設画像認定病院リウマチに関する支援事業支援協力医療機関