糖尿病教育入院

糖尿病の療養と学習を実践してみませんか?

糖尿病の患者さんがたいへん増えています。平成14年度の厚生労働省の推計によれば、日本には糖尿病の患者が約740万人いるとされています。さらに糖尿病予備軍といえる人が約880万人いるというのです。成人の6人に1人が糖尿病かその予備軍ということになります。

これだけ多い病気にもかかわらず、身近に糖尿病で通院している人は、それほどいないのではないでしょうか。というのも、糖尿病は初期には自覚症状がないため糖尿病であることを知らなかったり、知っていても痛くも苦しくもないので放置している人が多いのです。厚生労働省の調査でも、糖尿病の人のうち治療をしているのは半数ぐらいでした。

しかし、自覚症状がないからと治療をせずに放置していると、いずれさまざまな合併症を引き起こします。糖尿病の怖さは、この合併症にあるのです。糖尿病による網膜症が進行すると失明に至ることもありますし、腎症が進行して透析療法が必要になる人も増えています。動脈硬化を進行させ、心筋梗塞や脳梗塞なども起こりやすくなります。糖尿病とわかったらきちんと治療をして、こうした合併症を防ぐことが大切です。

糖尿病の患者さんやその家族の人に、糖尿病という病気を理解し対処するために、上手に病気を管理して合併病を防ぐために、合併病が現れたときには早く適切な対処をして進行させないために、当院に入院して勉強してみませんか?

糖尿病の治療は、ライフスタイルの改善(食事療法と運動療法など)が基本となります。また、必要により薬物療法も行われます。これらの治療を自分で根気よく続けることで、糖尿病であっても健康な人と何ら変わりのない人生を送ることができます。そのために、糖尿病をよく知っていただき個人個人に合わせた学習をするため、1〜3週間の入院を予定しています。

入院までに準備するもの

糖尿病食品交換表の本

当院売店にあります

運動靴

歩行する時に足、膝を痛めないようなウォーキングシューズ

運動しやすい服装

体操服、Tシャツ、ジャージ、トレーナなど

万歩計

運動量の目安にします。

どのようなタイプのものでも構いません。

腕時計(秒針がついているもの)

尿検査時の経過時間や、運動の時間測定に使用します。

筆記用具

メモ用紙やペンなど。
●糖尿病の学習本は、病棟でお貸しいたします。

入院を心よりお待ちしています。

糖尿病治療グループ一同

地域がん診療連携拠点病院病院機能評価認定病院マンモグラフィ検診施設画像認定病院リウマチに関する支援事業支援協力医療機関